Top/講義・研究関係資料/GnuPlotPovRay

Gnuplot で POV-Ray

導入

以下、Debian GNU/Linux の場合で書きます。

  1. ソースを取得
    	  apt-get source gnuplot
    1. 注意
      • ※ lenny なら 4.2.2、 squeeze なら 4.4.0
      • ※ あらかじめ /etc/apt/sources.list でソースをゲットできるようにしておく。

  2. 必要なライブラリのチェック
    	  apt-get build-dep gnuplot
  3. POV-Ray, VRML パッチをダウンロードする。
    熊本大学 喜多先生のページから、ありがたく頂戴する。

  4. そのパッチを当てる。
    	  patch -p1 < ../gnuplot_povrml-0.3.patch
    1. 注意
      1. パッチを奥場所によって、-p の引数を適宜変更する。
    2. 注意
      1. 4.2.2 の場合:エラーメッセージの処理のところだけがうまくパッチが当たっていないので、このまま続行。
      2. 4.4.0 の場合 : plot3d.c の最初のパッチが当たらない。これは大切なので手で当てる。
  5. ビルド
    	  debuild -rfakeroot -us -uc
    1. 注意
      devscripts パッケージが必要。
  6. インストール
    	  cd ../
    	  sudo dpkg -i gnuplot*.deb
       

使用例

同じプロットを X11 と POV-Ray で比較します。


添付ファイル: filegnuplot_POVRay.png 537件 [詳細] filegnuplot_X11.png 481件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更 リロード   新規 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-02-17 (金) 19:53:04