Top / 講義のページ / Seminar2013

専攻演習2013年度

同窓生が沢山参加する読書会(デカルトの音楽論, 2014年1月)

文献資料


その他の資料

メンバーのためのページ

ゼミ内容関連~

自然科学の古典を読む。
  1. ガリレオ・ガリレイ著 「新科学対話」
  2. 新科学対話に現れる数学について
    • 六角形の回転(GeoGebraによる)
      図中の r は、六角形の大きさの比の値です。これをマウスで変更してみてください。

    • アポロニウスの円(Apollonius, GeoGebraによる)
      図中のパラメタ a は、円の半径の比の値(右側の円の半径:左側の円の半径)です。
      半径の比が一定に保たれたまま、半径を大きくした様子をアニメーションにしています。
      このようにすると、二つの円の交点は、点Aからの距離:点Bからの距離 = a:1 になります。
      2点からの距離の比が一定であるような点の集合は円(アポロニウスの円)を描くことがわかります。
      a の値をマウスで変更すると、円の半径が変化することがわかりますので試してみて下さい。


    • 書籍
    • リンク集

トップ   編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更 リロード   新規 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-01-17 (土) 17:23:35 (1958d)