Top / 講義のページ / 力学2009S / Maxima / 導入

Maxima を使えるようにする

Debian GNU/Linux (Lenny) のシステム

導入方法 -VMware Player(無料)-

  1. 次の場所にアクセスし、Windows 用のVMware Player をパソコンに導入する
    VMware Player ダウンロードページあるいは、直接、VMware Player をダウンロードするためのユーザー登録のページへ。
    1. 名前、姓、e-Mailアドレス、国を入力
    2. 「1. 使う場所」は College Univesity か Home を選択
    3. 「2. 職種」は Not planning ... がいいでしょう。
    4. 「3. involvement」 は、Professor/Students がいいでしょう。
    5. 「4. プラットホーム」は、Windows を選んで下さい。

導入方法 -システム-

  1. 次のファイル(約700MB)をダウンロード
    lenny20090422.zip
  2. パソコンで展開
  3. 展開されてできたファイルを 4GB 以上の USB メモリにコピーする
    USBメモリにコピーせずに、ハードディスクに保存してもいいです。

起動方法

  1. USBメモリを開き、lenny.vmxをダブルクリックで起動する。
    ハードディスクに保存した場合には、該当場所から起動して下さい。
  2. ログイン画面が表れたら、ログイン名 guest パスワード guest でログインする
  3. その他の情報
    計算機名Sky
    ドメイン名Lab
    ユーザのログイン名guest
    ユーザのパスワードguest
    管理者のログイン名root
    管理者のパスワードroot
  4. Maxima の起動方法
    画面左の"iMaxima" と書かれたアイコンをダブルクリックしてください。

システム内のアプリケーション

困ったときは

  1. システムのメモリが小さいので動かない
    このシステムは、パソコン本体のメモリのうち 512 MB を利用しています。そこでこれを変更します。
    1. lenny.vmx にマウスのポインタを合わせ、マウスの右ボタンをクリックします。
      Edit_vmx.jpg
    2. 「プログラムから開く」から「Notepad」(あるいは「メモ帳」)を選んで開きます。
    3. 4行目の
      memsize = "512"
      を編集します。
      例えば、パソコン本体のメモリが 512 MB しかないならば、半分は Windows に、
      残りを VMware に割り当ててはどうでしょうか。その場合、次のように変更します。
      memsize = "256"
    4. 保存して終了し、改めて VMware からこのシステムを起動します。

添付ファイル: fileEdit_vmx.jpg 566件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更 リロード   新規 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-06-24 (水) 19:35:43 (3988d)