Top / 講義のページ / 飛行の基礎I2009S / 練習問題 / 位置と速度と加速度

練習問題

設問 (位置と速度と加速度)

問1

物体の3次元的な位置を、適当な座標系を用いて、その(x,y,z)の各座標で表す。物体の運動を、ある時刻に対する物体の座標で表すとする。この時、次のどの表現が適当か。

xy の、yz の、zt の関数である。
(x, y, z)tの関数である。
t(x, y, z)の関数である。
t(x, y, z) は無関係である。
t(x, y, z) の導関数である。

問2

速度と速さの違いはどのように表現されるか?

速度は速さに+か−の符号をつけたものである。
速さは速度と同じものである。
速度はテンソル量である。速さはベクトル量である。
速度はスカラー量である。速さはベクトル量である。
速さはスカラー量である。速度はベクトル量である。

問3

速度はどのように定義されるか。

速さに位置ベクトルをかけたもの
位置ベクトルをx座標で微分したもの
位置ベクトルを時間 t で微分したもの
時間 t を位置ベクトルで微分したもの
位置ベクトルとは関係ない

問4

次の図にx座標の時間tに対する変化を示す。速度は時間的にどのように変化しているだろうか。その符号を順番に並べたものを選べ。

gotaku_TimeVariation_20090603_01.png
+ − +
− + −
− 0 −
− 0 +
+ 0 −

問5

次の図にx座標の時間tに対する変化を示す。速度は時間的にどのように変化しているだろうか。その符号を順番に並べたものを選べ。

gotaku_TimeVariation_20090603_02.png
+ − +
− + −
− 0 −
− 0 +
+ 0 −

問6

加速度はどのように定義されるか。

速さに位置ベクトルをかけたもの
速度ベクトルをx座標で微分したもの
速度ベクトルを時間 t で微分したもの
時間 t を速度ベクトルで微分したもの
奥歯のスイッチ

問7

次の図に速度の x成分の時間変化を示す。*加*速度は時間的にどのように変化しているだろうか。その符号を順番に並べたものを選べ。

gotaku_TimeVariation_20090603_01.png
+ のまま
− のまま
− 0 −
− 0 +
+ 0 −

問8

次の図に*位置*の x座標の時間変化を示す。*加*速度は時間的にどのように変化しているだろうか。その符号を順番に並べたものを選べ。

gotaku_TimeVariation_20090603_02.png
+ のまま
− のまま
− 0 −
− 0 +
+ 0 −

問9

加速度について正しく述べたものを選べ。

加速度はスカラー量なので、大きさだけわかれば良い。
速さが一定なら加速度は常にゼロである。
速度が正ならば加速度も常に正である。
物体に作用する全ての力の合力は、加速度の向きと等しい。
位置を時間で微分したものが加速度である。

問10

地上で物体を上方に放り投げた。空気による摩擦などは無視する。この物体の加速度について正しく述べたものを選べ。

物体の加速度は常に下向きである。
物体の加速度は最初上向きであるが、最高点に達した後は下向きになる。
物体の加速度は時間とともに減少する。
物体の加速度はゼロである。
物体の加速度は常に上向きである。
氏名:

トップ   編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更 リロード   新規 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-06-07 (日) 13:40:20 (4008d)