#topicpath

** アポロニウスの円(Apollonius) [#ff55d499]
-- アポロニウスの円とは~
ある2点を考えます。それら2点からの距離の比が一定であるような点の集合は、円になります。~
このようにして現れた円をアポロニウスの円といいます。
-- [[GeoGebra>講義のページ/GeoGebra]] での作図法
 2点A,Bを考えます。第三の点 C を、AC:BC = a:1 であるようにとります。
 すると、点C の集合はアポロニウスの円を描きます。
 これを、2点A,B を中心として、半径がそれぞれ a と 1 であるような円を
 描き、その交点の残像を残すことで示します。
~
Geogebra のアニメーションで確認してください。~
~
#htmlinsert(GeoGebraPrep.txt)
#htmlinsert(GeoGebraSample11.txt)

トップ   編集 差分 添付 複製 名前変更 リロード   新規 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS