講義のページ(桜美林大学 森)

震災関連情報(臨時,個人的まとめ)

災害情報

救援・支援

福島原発

道路・交通

電力

本当に個人的なメモ

復興のために

  1. 募金
    1. いくら募金するか
      復興のためにはお金がかかる。では、どれだけのお金が資金で必要だろうか。
      一般人には難しい計算かと思われるかもしれないが、実際にはいろいろな見積り方がある。
      ここでは、フェルミ推定流に見積もってみよう。

      1. 計算例1
        被災した人の数は 100万人 程度である。日本の人口の1%だ。そこで、私たちの年収の1%を分ければ、被災した人の年収は補えるであろう。
        被災した人の中での労働者の割合が日本の平均であるならば、
        結局、その人その人の所得に応じて払えばいいはず。
        例えば、年収500万円の人がいたとしたら、その 1% で 5万円。
        労働人口が 3000万人ぐらいだとすると、8000億円程度。
        ただし、これは毎年必要な額。復職者の割合にもよるが、来年も同様の額が必要。

      2. 計算例2
        不動産も含めて、各家庭の財産はどれくらいあるあろうか?
        それも1%募金すれば、被災した人の財産は復旧する。
        ある家庭に1000万円あるなら、その1%で10万円。ただし、こちらは長期的な支援の話。
        日本の家庭数が5000万世帯だとすると、5兆円程度。

      3. 上の計算結果のまとめ
        3年間で全員復職し、計算例1の資金が3年間必要だとする。
        日本の労働者の平均年収が500万円、家庭の資産が平均1000万円とする。
        合計、8000億円×3 + 5兆円=7.4兆円が必要になるであろう。
        巷の見積りと近い。
        (ちなみに、20兆という見積りもあるが、それは各種インフラも含めての話。)

        結論としては、1%を寄付しよう!

    2. どこに募金するか
      小銭ではできないことがある。逆に大きなお金なら分けられる。
      できるだけ募金する先を集中した方がいい。中央募金会か?

個人でもできそうな貢献

トピックス・教材

2010年度 (シラバス)

2010 年度 秋学期

2010 年度 春学期

2009年度 (シラバス)

2009 年度 秋学期

2009 年度 春学期

2008 年度

2008 年度 秋学期

2008 年度 春学期

2007 年度

2007 年度 秋学期

2007 年度 春学期


トップ   新規 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS