Top / Arduino / みんな試作機 / 温湿度計

温湿度計センサーモジュールの利用

はじめに

センサー

動作確認-1-

  1. 方針
    AM2302 は独自通信規約による通信で、AM2321 は I2C もどきで接続する。
    とりあえずブレッドボードで配線し、PC とのシリアル通信でデータを表示させる。

  2. プロトタイプ作成
    ブレッドボードで Arduino と接続。プログラムを組んで実行。IDE は、バージョン 1.0.5r2で(現時点での最新版は1.0.6)。
    1. ライブラリの導入
      AM2302 へのアクセスはライブラリ化されているものを用いる。
      • ここ(github)の右側の zip をダウンロードボタンをクリック。
      • ダウンロードしたものを展開
      • 上記でできたフォルダーを DHT とリネームし、arduino-1.0.5-r2/libraries/DHT として保存。この中に DHT.cpp などがあることを確認。

        ここで 2014-11-29 (土) 17:10:40

    2. Windows ドライバの導入
      そういえば、このマシンで Arduino を接続するのは初めてかもしれない。(IDE だけはなぜか入っている。)
      arduino-1.0.5-r2/drivers を指定して導入。

      ここで 2014-11-29 (土) 17:31:03

    3. 配線・実行
      ※ ピッチ変換に使ったヘッダピンがブレッドボードにうまく刺さらず、弾かれてしまう……。
      • AM2302
        1(Arduino : 5V),2(Arduino : 2),4(Arduino : GND) 番ピンを接続。サンプルプログラムがそのまま動いた。
        息を吹きかけると、気温と湿度が上昇。動いているようだ。

        ここで 2014-11-29 (土) 17:45:24

      • AM2321
        接続は次の通り。I2C接続で Wire ライブラリを利用するなら、A4をデータ、A5をクロックにする。(←これ忘れてた。)
        プルアップ抵抗を A4, A5 に接続すべきであるが、なくても動いているようだ。
        センサーArduino
        15V
        2A4 (データ)
        3GND
        4A5 (クロック)
        上記のページにあったソースをそのまま実行してみる。それらしい値が出てくる。しかし、湿度の値は高すぎるようである。

        ここで 2014-11-29 (土) 18:33:04
        (時間かかりすぎ>自分)

        上記にライブラリ(github)のページを追加し、これを入れて実行してみた。それらしい値は、はやり湿度が高すぎるようである。

        ここで 2014-11-29 (土) 18:54:44

動作確認-2-

動作確認-3-


添付ファイル: fileResults.png 932件 [詳細] fileAM2321.JPG 1015件 [詳細] fileAM2302.JPG 836件 [詳細] fileSensors.JPG 486件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更 リロード   新規 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-12-26 (金) 14:28:06 (2094d)